騒音への対策

最初が肝心 モデルルーム見学での注意点
賃貸にしても分譲にしてもマンションやアパートに住もうというのであれば、騒音への備えというものをしておくことが必要です。
それらの集合住宅では壁の向こうは隣居になっていますので、騒音をなるべく抑えたりしてトラブルを回避しなければなりません。
ではどのような点に注意して騒音トラブルを避けることができるのでしょうか。
まず住まいを決める前に注意できる点として、その建物の構造を意識するということがあります。
基本的に木造や軽量鉄骨造などの住宅の場合、防音性能は低いといわれています。
やはり鉄筋コンクリートでできているものは構造もしっかりしていますので、騒音や振動にも強いといわれています。
また選べるというのであれば総戸数の少ない建物を選ぶというのもひとつの方法です。
また総戸数が多いとしても最上階や角部屋であれば、いくらか騒音の問題が少なくなるのでおすすめです。
また住むマンションのタイプにも注意を払うことができます。
例えばひとり暮らしをしている方が、ファミリー向けのマンションなどに住んでしまうと生活パターンが違いために、騒音などが普通以上に気になってしまうかもしれません。
それでひとり暮らしであればワンルーム、ファミリーであれば3DKタイプにするなど、同じようなライフスタイルの人が集まっている物件に住むようにするというのは良いアイデアだといえるでしょう。
またマンションの内装にも注意ができますが、例えばフローリングの場合には足音やものを落とした時の音が響きやすいといわれていますので、小さなお子さんがいる方などは避けたほうが良いかもしれません。
これらは入居前に注意できることですが、入居した後にも騒音対策をすることが重要です。
上記にもあげましたが、やはり騒音の原因となるのは足音になる場合が多いですので、厚手のカーペットなどを下に敷き詰めると効果的です。
最近ではホームセンターなどにゴム製やスポンジ製など、さまざまなカーペットが売られていますので、そのなかから自分にあったものを選ぶと良いでしょう。